英会話に通っても英語が伸びないと嘆かないたった一つの方法

   

Hello!

ハイスペックキッズ英会話講師、ERIです!

大人英会話教室で勤務していた頃に本当によく感じたことをお伝えします。



英会話に通っているだけでは英語は伸びないですよ

という記事も書いてるので、そちらも参考にしてみてください。






さて、なぜこの記事を書こうかと思ったかというと、

英会話に来てるのにお金を無駄にしてる人が多いから
です。




私は結構安めの大人英会話で働いていたのですが、

安い英会話に通っているのに

お金を無駄にし、英語が伸びない

という方を散々見てきました。



そんな人が少しでも減ればいいなと思い、この記事に至りました。


今から英会話に通おうか

英会話に行ってるのに英語が伸びない

今の英会話教室で本当にいいのだろうか



などと、悩んでいる方の参考になれば幸いです!

レッスンを受身で受けるのがダメ

まず、受身とはどういう意味でしょう?

受身 (言語学): 日本語文法で、動作や作用の対象を主語として述べること。 一般には受動態と呼ばれるもの。 転じて、 主体性の無い意見ばかりしたり、何も考えずに命令でのみ動く姿勢のこと。 受身 (格闘技): 柔道などの格闘技において身体的ダメージを軽減するための防御の姿勢。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%97%E8%BA%AB



特に重要なところ、ここ!!!

何も考えずに命令でのみ動く姿勢のこと。

何も考えずに英語のレッスンを受けるとは

講師からの質問をただ、待っているだけ

の事を言います。


質問を待つってものすごく簡単なんですよ。

会話を自分から始めなくていいからラクだし、

された質問に対してだけ答えればいい。



でもそうでなくて、

自分で質問を考えて講師に聞く

答えるだけでなく、同じ質問を講師にしてみる




普通の日本語の会話を想像してみてください。

聞かれた質問だけに答える人と話しても面白くないですよね?

友達との会話では、必ず自分も質問するし、

相手もあなたに質問してくるんですよ。





講師だって一人の人間。




質問をただただ待ってるだけの面白くない生徒より、

講師自身に興味を持ってくれて、会話を一緒に盛り上げてくれる生徒の方が

絶対に好きなんです。



好かれると

この人にはこれも教えてあげよう
こんな事は知ってるかな?


と考えてくれるのです。


分からない単語の説明ももっと詳しく、忍耐強くしてくれるかもしれない。

こんなウェブサイトがいいよと教えてくれるかもしれない。

どこかへ行ったときお土産を買ってきてくれて、また話が盛り上がるかもしれない。

街でばったり会っても気軽に声をかけてくれるかもしれない。

レッスン以外でも快く英語の質問に答えてくれるかもしれない。




もちろん、下心満載でレッスンは受けない方がいいのですが、(笑)

これは起こりえる事実です。



そうするとあなたの知識は右肩上がり。




そんなあなたびいきの講師がいる英会話に通って英語が伸びないはずがありません。



ちょっと熱く語ってしまったのでここで一旦言いたい事もう一度いいます。

自分から質問をすること

これであなたの英語力は2倍にも3倍にも伸びます。


今からは

自分から質問をすること

以外で英語力を伸ばす方法を補足でお伝えします。

目標を立てる

どんな小さなものでもいいです。

例えば

レッスンで毎回先生に2つ自分から質問する。

1回のレッスンで2つは正しい文章できちんと言えるようにする。

分からないことがあれば ” Sorry but I didn’t understand.”という。

“Hi, how are you today?”を自分から言う。


などなど、なーーーーんでもいいんです。

コツは目標を小さくすること。



漠然と英語がもっと話せるようになりたい

ではなかなかどんな行動をしたらいいのかわかりません。

が、

上記の小さい目標を重ねていくことで必ず英語は上達し、

英会話に行っても英語が伸びない

という日本人典型の悩みから解放されることでしょう!

英会話教室を選ぶ前に


英語が伸びないことを、教室を変える事で解決はできません。

なぜでしょう?

なぜなら、どこへいっても結局はあなた次第だから。


英語が伸びない人の典型的なお話

レッスンに対して批判

これは受身でレッスンを受けている人に多いです。

自分から、体を乗り出してレッスンを受ければ面白くないと思ってたレッスンも楽しくなる可能性があります。

本当にレッスンの内容が面白くないことはもちろんありますが、

いつもいつも、レッスンを責めてはいけません。

先生の英語に対して批判

先生の英語が早すぎて全然わからなかった


というのを聞いたことがあります。

そんな時は一言、

Can you speak slowly, please?

Can you say that again?

などと言えば解決します。


他の生徒さんがいるから無理やわ~

と思われる方もいるかもしれませんが、

同じレベルの生徒さんの場合、他もだいたい聞こえてないので

逆にみんなの為に言ってあげる!という気持ちで一言、講師にお願いしてみてください(笑)

毎回同じ自己紹介になると批判

これも、自分から質問するという事に繋がりますが、

毎回同じ自己紹介にしてるのは、ずばり、あなたです。



同じ事でも、

今回は奥さんの趣味についてちょっと言ってみよう

 

今回は釣りの趣味の中でも、自分の好きな釣りスポットの話をしよう

 

今回は子どもの好きなテレビについて話そう

 

今回は私の好きなブランドの話をしよう



このお話に出てきたことを辞めることでも

英語は伸びます。

これと反対の行動を取ればすべてはあなたの「英語が伸びる」という結果につながるのです。




次の英会話レッスンが楽しみなりましたか?

この記事を読み終わってそうなっていれば嬉しい限りです。



他にも勉強法をいくつか書いています。

こちらも参考にしてみてください!

ライン

LINEお友達登録で

無料体験会に申し込もう!

次回の体験会は3月14日(日)16時00分から~

対象年齢小1~小6

上記お時間、年齢が合わない場合はご相談ください

友達に追加する >>

   

   

このブログに初めて来てくれたアナタが最初に読むべき記事4選!

↓↓↓↓

ERIってどんな人?

史上最高の英語教材 BBカードってなに?

BBカードのすべて

【まとめ】CTP絵本の効果30選!

   

大阪市平野区にある英会話教室アメットはいつでも体験無料!

レッスンの様子などはインスタにて。
無料体験レッスンはLINEで随時受付中。
twitterもやってます。

ご質問などはLINEや問い合わせ より受け付けております。