語学学習は真似から始まる

   

Hello!

ハイスペックキッズ英会話講師、ERIです!

英語基礎を完全マスター!きちんと英語が話せるようになる半年コース

元海外豪華客船クルーERIがあなたを英語の世界に導きます

このコースの2か月目の話です。

1か月目の内容はこちら↓

1か月経ったことで



思っていたより、早く理解できた

思っていたより、いろんなことを勘違いして覚えていた

思っていたより、英語が簡単だと感じた

思っていたより、しんどくなかった



色々な想いがあると思いますが、

最初の大事な大事な第一歩を踏み出したあなたは素晴らしい!



大半の「英語話したいな~」と思っている人はこの最初の第一歩が中々踏み出せず、

また踏み出したとしても急激に英語が伸びる方向を向いていないため、

時間がかかってしまうことがあります。

でも、講師と一緒にするとやっぱり確実に正しい方向は向きます。



では、今から2か月目に突入します!

2か月目に伸びるであろう英語スキル

  • 1か月目よりスラスラと英語が読める
  • 語彙力が上がる
  • 文の入れ替えのルールが分かるようになり、自分で文が作れるようになる
  • 現在、過去、未来形で話せるようになる

2か月目の主な課題内容

  1. 絵本のマネ
  2. 黄金の基礎文トレーニング(過去形、未来形)
  3. 動詞の変化形(原型、過去形、過去分詞形)
  4. Grammar in Useで細かい文法をおさらい



今回のブログでは本の真似についてお話ししましょう。

本を真似するって何?何が出来るようになるの?


何かを習得したいとき、まずマネから始まります。

赤ちゃんも、ママパパの言葉のマネをする。

ゲームプログラマーなら、まず既存ゲームと似たような物を作れるようにする。

料理人は、まず師匠と同じものを作ろうとする。


それが終わってからみんな自分のオリジナルを作っていくんですよね。



マネはすべての学習の始まり。


日本のゴリゴリの職人たちはいつも

「見て覚えろ」と言って、もう教えてくれませんねw

さすがに英語では「見て」覚える事はできないので「聞いて」覚えることが大事です。

イントネーションがうまくなる

イントネーションの日本語訳は”抑揚”


英語はサーファーにもってこいの大波、小波がたくさんあります。

反対に日本語はとっても静かな海。

波一つないサーファー泣かせの海です。

波があるのと、ないのでは、海の表情が全然違いますね?

この「波」を理解する事が大事。


英語は少々文法を間違えてもイントネーションが合っていれば通じます。

逆に、文法が合っていても日本語のように棒読みをすると全くと言っていいほど通じません。

実体験をお話します。

アメリカ留学中に日本人の友達とGODIVAへ行き、

チョコレートムースの飲み物?食べ物?を頼んだのですが、

友達は

ちょこれーと mousse, please.

と言いました。

チョコレートの部分が結構日本語っぽかったのですが、私は横で聞きながら

チョコレートってほとんどおんなじやから大丈夫やろう


と思いました。

ですが、何度言っても伝わりません。




最終的に、Lの発音や、そのほかの発音に気を付けたのではなく、

と、抑揚をつけて言ったところ、やっと理解してもらえました。


その時に、イントネーションはものすごく大事なんだと実感しました。

あなたの英語が伝わるか伝わらないか決まってしまう大きな存在、

イントネーション


是非、習得して英語っぽく話せるようになってください。

イントネーションはどうやって習得する?

独学の方はyoutubeをフル活用!

  1. 黙って聞く
  2. 再度聞きながら、言えそうなところを一緒に言ってみる
  3. ナレーターが一文言うと止めて、自分も同じように一文言ってみる
  4. 自分の声を録音し、ナレーターとどれだけ同じか確認する
  5. ナレーターと全く同じよに言えるまで1~4を繰り返す

たったこれだけ!

この5分の絵本をマネするのにかなりの時間が最初はかかると思いますが、

やればやるほど簡単になります。


そうやって、たくさん英語を聞く、話すことで

「英語を話すこと」自体に慣れる。



英語を話すことに慣れるという事は舌が動くという事。

舌が素早く動くと英語が口から勝手に出てくるようになります。


私も毎日毎日英語を話していますが、もし、1週間一切英語を発しないと

舌が動かなくて英語が以前と同じように話せなくなることは容易に予想できます。



英語の知識は1週間では劇的に落ちない。



私の場合、もう長期記憶にたくさんの英語が詰め込まれているからなおさらで
す。



でも話すというのは

毎日のトレーニングの積み重ね。



今あなたが日本語が話せているのも毎日日本語を話しているから。


ある子どもが小学生の時に母国語ではない国へ引っ越し母国語を何年も使わないでいると、

母国へ帰った時に一切母国語が出てこなくなったという記事を読んだことがあります。

ちょっと信じられないですよね?




私も20の時にアメリカへ行き、

日本語を見ない、聞かない、話さない、書かないと決め9か月過ごしました。

帰国したら英語が日本語よりも先に口について出てきて、

英語を日本語に訳せず英和辞書を使うという場面が帰ってきてから1か月は続きました(笑)

日本語も!?

とびっくりしますが、20年使い続けた日本語でさえ、

たったの9か月で忘れてしまうことが出来るのです。

Use it or Lose it

日本語でさえ、使わなければ忘れるのであれば

英語を1週間に1回などの頻度では到底話せるようにならないのはお分かりいただけましたか?




一日5分でいいんです。

それを3か月続ける事で劇的に変わります。


ちょっと、最後は英語について熱く語りすぎましたが

(英語の話になると止まらないのです(笑))


1週間無料体験も実施中!


お気軽にお問い合わせください!




次の3か月目の内容はこちら↓

ライン

LINEお友達登録で

無料体験会に申し込もう!

次回の体験会は3月14日(日)16時00分から~

対象年齢小1~小6

上記お時間、年齢が合わない場合はご相談ください

友達に追加する >>

   

   

このブログに初めて来てくれたアナタが最初に読むべき記事4選!

↓↓↓↓

ERIってどんな人?

史上最高の英語教材 BBカードってなに?

BBカードのすべて

【まとめ】CTP絵本の効果30選!

   

大阪市平野区にある英会話教室アメットはいつでも体験無料!

レッスンの様子などはインスタにて。
無料体験レッスンはLINEで随時受付中。
twitterもやってます。

ご質問などはLINEや問い合わせ より受け付けております。